忍者ブログ
とっぷぺ~じ 管理画面
[1]  [2]  [3]  [4
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 「愛するには短すぎる」の公演が行われている時には、ヤフーオークションさまには とてもお世話になりました。(にっこり)

 と言っても、私がヤフオクで購入させていただいたのは、前楽とか千秋楽のみのチケットでしたが。

 前楽とか千秋楽とかを競う相手というのは 私なんかよりも 金持ちの人が多くてね(笑) ぶっちゃけ 私なぞ相手にならない事がほとんどでね(笑)

 だからもう、数撃てば当たる方式(笑) 入札しながら金額の上昇の仕方、相場などを踏まえて(笑) 自分が出せる金額の上限はだいたい決まっているけど、それでもその都度 軌道修正させながらヤフーオークションに参戦したいたなぁ~ 懐かしい日々だ。ちょっとしんみり。
 
 ヤフーオークションに登録すると、何故か オークションID@yahoo.co.jp などというメールアドレスもゲットできちゃったりするんだよねー

 そして このアドレスがけっこう曲者だったりするのです。 ええっ 私は過去に痛い目にあった事があります →詳細はこちら

 過去に痛い目を見ると、もうこの ヤフーアドレスを見るのも嫌になるかも(笑)

 ・・・という訳で、ヤフーのトップページを開くと、ページの右側にメールボックスなるものが存在するけど、それ以降 見もしなかった。

 ほっときっぱなし。

 だったんだけど、昨日 なんだか気が向いて メールボックスを見ていた。

 ・・・驚きましたびっくりしました。 

 ほぼジャンクメール(110件)ではあったけど、その他20件は(多分、間違いなく)成りすまし詐欺メールが来ていた・・・

 何てこったい・・・・・・・・

 成りすまし詐欺メールというのはですね、私が「愛短」千秋楽のチケットに入札しますよね? でも落札できなかったとするじゃないですか?

 すると、このyahooメールに出展者の名前(を語り)で メールが来るんですよ。

 “「愛短」千秋楽の入札ありがとうございました。 落札者の都合でキャンセルされたいそうなのですが、マイナス評価は避けたいとの事なので、こちらにご連絡させていただきました。 あなたさまが入札された金額と落札金額の差額は落札者さまがお支払いしてくださるので、購入する意思があるのであればご連絡ください。ご検討おねがいします

 簡素にかくとほとんどこんな感じの内容の 何ともあま~い 美味しい話のメールが来るわけですよ。

 なーんにも知らないと引っかかるよね? でも駄目ですよ!

 世の中そんなに甘い話はありませんから(笑)

 仮にこれが詐欺メールでなく、出展者の人の好意からのお申し出だったという事を 断ってしまって(連絡しなくて)から知り しくじった(涙)な気分(笑)というような事も あるかもしれませんが、その時はきっぱりと諦めましょう

 うっかり詐欺だった時には、大変な事になります。それを考えたら しくじった(涙)な気分になった方がましです!(経験者は語る) ヤフーだって警察だって冷たいものです

 何にもしてくれません。ヤフーなんかは、約款外なので対応しかねます!一点張りとなります。

 偽装ですから。名前を語られた出展者だって迷惑千万な出来事だと私は思うのですが、そんな事、ヤフーは関係ないみたいです(笑)

 保険も適応されません。 一番性質が悪いです。 

 しかし・・・流石にねー・・・20件も同じ内容のメールが送られていていたら、これが成りすまし詐欺のメールと気付きますよね(苦笑)

 撃てば当たる方式で入札を繰り返してはいたから、膨大な数の入札をしたという事は否定しないけど、それでもねー 100件とか200件とか入札した訳はないしねー(笑)

 通常ヤフーオークションを利用していて、次点繰上げなんて30回以上の落札経験を私ももっているけど、2回くらいしかないし。

 その場合も オークションマスターから ヤフーオークションを始める時に登録しているメールアドレスに 次点繰上げのお知らせのメールが来るわけで、登録していないID@yahoo.co.jpへ連絡が来る事はありえない訳ですよ。

 ヤフーも何かしら対策を実施した方がいいんじゃなかろうか?ヤフーオークション側に何ら責任がないと言い張られてたところで、責任がなくたって 印象は悪くなると思うけどな。

 成りすまし詐欺に引っかかる方が悪いと言われてしまえば そうなのかもしれませんが、少なくともyahooのアドレスに送られてくる訳だから、何の責任もないとも思いづらい・・・なぁと。(勝手にID@yahoo.co.jpでメールアドレスも作られてしまう訳だし)

 @マーク前をヤフオクIDからの変更を促すとか、現在はニックネームを登録しないとアドレスの変更も出来ないらしいけど、好きに変更できるようにするとか。。(ニックネーム登録の意図がどういうものなのかは 私も分からないので、今だにアドレスの変更が出来ない)


 ところで、20件きていた成りすまし詐欺さんからのメールで、一番性質が悪いなぁ~と思ったのが、“オークション・マスター”の成りすましをしているメール。

 しかも@meilyahoo.×× ですって。(本当は@mail.yahoo.co.jp)

 @の前も auction-mastetとなっていた。(本当はauction-master)微妙にチガウ

 ・・・詐欺にひっかかってしまった人いるんだろうなぁ~・・・

 本当に、詐欺は立証するのが難しいらしく、警察に被害届をだすまでが大変なんだよね。

 皆様、気をつけてくださいね
PR
 我がご贔屓のラストステージとなる『愛するには短すぎる/ネオ・ダンディズム』の1階1列SS席のチケットを ゲットする事ができました。

 うっ・・・嬉しい・・・あまりに嬉しくて 

 舞い上がっている私がおります♪
 
タダのバカですが・・・本当に嬉しい(涙)

 1階1列SS席って(大劇場なら1階0列SS席(センター))やっぱり 特別な席だと思うのね。

 お芝居なんかではあまり関係ないんだけど、ショーでは 1階1列SS席は 美味しいと感じてます。

 美味しいと感じているというか ぶっちゃけ 1列目に座った事のない私は 羨ましいなー(笑)いいなぁ~(笑)って いつも指くわえて 思ってました(笑) ハイ。(笑)

 何が美味しいかと言うと、スターさまの目線が1階1列SS席と2列目からでは 違うと感じているのは 私だけでしょうか?

 1列目(しかもセンター席のみ)なんて舞台の上からでは 本来見ずらいだろうと思うのだけど、明らかに下を向いて、センター1列目に微笑むよね?

 舐めまわすよね?(笑)

 きゃ~~~~そんな目線をくださるのよ~~~  昇天ものじゃないですか?????(笑)

 お芝居では、フレッド@わたさんとアンソニー@とうこちゃんの絡みが 目の前ですよっ! 目の前でエロく絡んでくれる訳ですよっ! きゃ~~~~~昇天ものでしょう?(笑)

 フレッド@わたさんが、バーバラ@となみちゃんに 切ない表情で手にキスをするシーンが すぐ目の前ですよ~~~~ きゃ~~~~~ 考えただけで ごっくんもの(笑)

 銀橋を 白のトレンチコートを着て、ソフト帽かぶって渡る フレッド@わたさんが一度立ち止まるのも 間違いなく目の前ですよねぇ・・・・(失神)

 ハァハァ(笑)

 ショーでは 目の前が組長さんだわ(笑)←ソコからですか!?(笑)
 
BANBOOちゃんが初見で 笑いを堪えられず、私からわざわざ離れて(いや くっついて観劇している訳ではないが)肩を震わて笑ったらしい(笑) ダンディ~♪ダンディ~♪ の場面だって わた×となの 贔屓目バリバリで申し訳ないが(笑)夢のように美しい二人の並びが目の前なのよ(鼻息)

 そしてその間も 銀橋を渡る度にわたさんは 舐めまわすような(笑)目線を配ってくれる訳ですよっ!(笑)

 ハァハァ(笑)

 最後のデュエットが終わって、わたさん最後に1人で銀橋に登場して、銀橋センターで ピンスポもらって ご挨拶されたら・・・それも当然 すぐそこ だろうから・・・ そのシーンは・・・

 泣くだろうな(苦笑)

 もう 本当に今から この1階1列SS席に座る日が 楽しみで楽しみで楽しみで なりません~~~~~~

 嬉しいです。 このチケットは 花組の千秋楽のチケットと交換してもらったのですが、我がご贔屓最後の公演で、まさかまさか1階SS席1列目なんていうお席に座れるとは思ってもみなかったので、嬉しくて嬉しくて(涙)

 どうしよー 今晩から嬉しすぎて寝れないかも(笑)

 悔いなくご贔屓を見送ろうって思って、悔いなく今日まで(いやディナーショーに行けなかったのはけっこう悔いなんだけど・・・)来たけど、あとは千秋楽だけだわ。

 千秋楽のチケット・・・頑張らなくては!(笑)


 
 ここで観たものは全て夢、幻という事でお願いします(笑)
カレンダー
10 2018/11 12
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
お世話になっております♪
 タカラヅカこよなく愛されてらっしゃる方々のブログです♪&友人のお店のHPです♪
フリーエリア
プロフィール
HN:
てぃが
HP:
性別:
女性
趣味:
観劇か?なぁ~(笑)
自己紹介:


QRコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析

nyaoチャ箱♪
* ILLUSTRATION BY nyao *
忍者ブログ [PR]