忍者ブログ
とっぷぺ~じ 管理画面
[153]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49]  [41]  [40]  [39]  [34]  [33
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    

      オトナのためのクリスマスエンターテイメント
        RED SHOES,BLACK STOCKINGS
           ~彼と彼女が踊る理由~



荻田先生の外部の舞台。

 宝塚を知ってよかった~って思う事の一つに荻田先生との出会いがある。

好きなんだよねー 荻田先生の作品。今年の花組公演『マラケシュ~紅の墓標』なんてハマってしまって 4回もリピートしちゃったもんね。
 
貧乏人らしく、S席1回、A席2回、B席1回という感じで。(笑)

 映像でだけど『螺旋のオルフェ』を見た時には笑ったな(笑)
だって 『螺旋のオルフェ』 これって、起承転結してないよね?起承ときて転が飛んで 結していない?(笑)
 
噂では 初日幕が降りた後に、観客はあれ?これで終わり???という感じだったとか?(笑)

併設の『ノバ・ボサ・ノバ』が普段よりも長いショーとなっている影響で通常公演の1時間30分のものを作ってしまって、慌てて30分ぶん削ったら、こんなになってしまった・・・そんな感じの 作品だったな。(笑)

 それでも 好きです。『螺旋のオルフェ』荻田先生のあてがきぶりとか、照明とかが綺麗なトコとか。 荻田先生のこだわりを感じられるところが。

 実は荻田先生の外部の舞台を観にいくのは、これが2度目。

 初めて行ったのは『Winter Rose』という作品で これが・・・私にはさっぱりと分からなかった。(笑)
 
 そんでもって 荻田先生の外部作品を観にいくまでは、宝塚以外のが合いそうなのになぁ~・・・なんて考えていたのだが、いざ荻田先生の作品を外部に観にいったら、

 何て荻田先生の作品って宝塚が合うのだろうか!

 ・・・と意見を180度変わってしまったよ。(笑)

 それまで考えた事なかったんだけど、宝塚の舞台ってやっぱり耽美なんだよねー

 多分それは本物の男性が男性を演じず、男装をした女性が男性を演じているからなのだと思うのだが。
 
 荻田先生の持つ美意識は宝塚の耽美
がとてもよく似合う。と、実際の外部の舞台を観て感じたのよ。

 とはいいつつ、荻田先生ファンとしては、外部も東京でするなら観にいきますわ。

クリスマスだろーとなかろーと何のその♪

 この 『RED SHOES,BLACK STOCKINGS』も事前に発売日を調べて、発売場所を確認して準備万端。
 
 が・・・ワタクシ舐めてたのよ。そぉんな人気公演にはならないだろうと・・・
 
 だから チケット発売時間の10時には、パソにアクセスしないで、お昼休みにアクセスしてみた。

 そーしたら・・・売り切れてましたよ。ショボーン・・・何なの?この人気は????? 大浦みずきさんとかが出演するから?それとも畠中さんの人気で(荻田先生の人気と思わないところが素晴らしい。(笑))

 だって『Winter~』はそのものごにょ(笑)

 あああ・・・ううう・・・何て事なの!? 悲しかったわ。ホントに。(涙)その後追加公演が発売になり、それは抑えたけど。

 荻田先生の公演ですよ? まだまだ外部では無名だろう・・・と思っていたのは間違いだったのね(涙)

 私は諦めないわ。(笑)クリスマスまでにはまだまだ時間がありますわ。頑張りますわ。(笑)つっー事で、頑張って本日千秋楽のチケットをゲットしましたよ。(笑)

 ちょっと後ろ、いやけっこう後ろの席だけど、気にしてはいらえません。

 荻田先生の舞台だしな。多分1度観劇したくらいでは訳わからんだろう・・・・と思うし(笑)

 とにかく楽しみー!

PR
COMMENT
name:
title:
color:
mail:
url:
comment:
pass:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TRACKBACK
URL:

 
 ここで観たものは全て夢、幻という事でお願いします(笑)
カレンダー
01 2018/02 03
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
お世話になっております♪
 タカラヅカこよなく愛されてらっしゃる方々のブログです♪&友人のお店のHPです♪
フリーエリア
プロフィール
HN:
てぃが
HP:
性別:
女性
趣味:
観劇か?なぁ~(笑)
自己紹介:


QRコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析

nyaoチャ箱♪
* ILLUSTRATION BY nyao *
忍者ブログ [PR]