忍者ブログ
とっぷぺ~じ 管理画面
[160]  [159]  [161]  [157]  [158]  [156]  [155]  [154]  [147]  [146]  [145
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 再演物のさだめ・・・としか言いようがないのですが、再演物ってやっぱり古いなぁ~と感じてしまう事がたびたびある。

 古いって感じる箇所は そのお芝居によって違うけど、言葉だったり(例、再演ものではなかったけど、かなり昔の時代に作られたんだろうなぁ~というのがありありと分かった「COPACABANA」)歌だったりする訳で、今回の「星影の人」は 歌に古さを感じた。

 トイレの順番を並んで待っている時に、すぐ前で並んでおられた、私よりも確実に年配のご婦人方も 「汀夏子さん・・・30年前・・・歌が古い・・・」と話されておられたので、私よりも若い人は 確実に感じられたのではないでしょうか。

 とにかく 歌が 演歌 でした(笑)

 あとはねぇ、柴田先生は言葉も美しい言葉を使う人だし、30年前の作品だったとしても現代でも全然違和感なかったんだけど、歌だけは・・・もにょごにょ・・・・(苦笑)

 タカラヅカで再演ものを上演する事に反対はしません。

 是非再演して欲しいと願う作品も あったりしますし(それは再演されず・・・ですが)。

 でも再演するにあたって、手直しというか焼き直しはして欲しいなぁ~と切に願うよ。

 水ちゃんの総司は、爽やかさんで、一点の陰りもない真っ直ぐな好青年という感じ。

 土方さん@ゆみこちゃんや、山崎さん@ハマコに いじくられているのが 可愛い(笑)

 水ちゃんて こんな役もできるんだなぁ~・・・私の水ちゃんのイメージは おほほほほ、「スサノオ」のアオセトナでとまってます。(笑)

 あのインパクトが強すぎてねぇ。 色悪のイメージが強すぎて、若干 舞台の上の総司@水ちゃんが薄く感じたんだけど、それもこれも私のアオセトナさまのイメージ(あれ濃すぎだもん)と、真ん中の役の白い役って、薄くなりがちという二つの理由からなんだろうなぁ~。

 しかし・・・目のつけどころがシャープ(笑)な土方@ゆみこちゃんは、新選組に戻ってきた水ちゃんがが女物の傘を持っている事に気付き、 つかさず傘の事をツッコミ、水ちゃんが土方さんに色恋の事を指南される事になるくだりには、肩を震わせてしまった。(笑)

 みっ水ちゃんが ゆみこちゃんに 色事を指南されているぅぅぅぅぅ~~~~~(笑)

 ゆみこちゃんが 水ちゃんに 色事を指南されるなら分かるけど、逆なの???ぉぉぉぉぉ~~~~~(笑)・・・とかなりツボってしまいました。

 私の壊れた感性のゆみこちゃんのキャラというのは、大人になりきれない大人。

 少年のような大人じゃないよ。

 大人になりきれない大人なの。

 このイメージは、ゆみこちゃんの主演作「NAKED CITY」のビリーのイメージが強いのかも(笑) ちなみにこの作品大好き(はぁと)

 んで、アオセトナ@水ちゃんは、その道(どの道?(笑))に関して言わせてもらえれば、百戦錬磨(笑)でしょう?(笑)

 そんな偏見(笑)に満ち溢れたイメージを持つ私からしたら、ほぉんとうに 楽しい光景でしたよ。←ちと楽しいの意味が違うけど(笑)
 
 言わば、大人になりきれない大人が、百戦錬磨な男に 色恋を説いているシーンだもの。

 笑うよね? 笑うでしょう?(笑)

 私がゆみこちゃんに対して大人の男のイメージがないのは、私が観たゆみこちゃんの役に見た目は大人でも、精神的に子供っぽく感じる役が多かったからというのも少なからずある。

 花組さんは残念な事に、東宝劇場公演しか観劇してないのですが(全公演観劇する程のお財布の余裕はありません・・・)、「ラ・エスペランサ」にしても「洛陽のパレルモ」にしても ラ・エスは本当におこちゃま(笑)だったけど、「洛陽」なんかも、大人になりきれない大人な役だったよね。

 そんな印象をゆみこちゃんにもっている私が、初めてゆみこちゃんが演じる大人の役を見るのが土方さんだったから、初めはちょっと私のゆみこちゃんのイメージと、大人の男を演じている舞台の上の土方@ゆみこちゃんとのギャップを埋めるのに苦労してしまった。

 総司@水ちゃんとの絡みでは、見てて、うーん、総司@ゆみこちゃん、土方@水ちゃんのがハマるよなぁ~(笑)という印象があるのですが、照葉の膝枕で寝転がる土方@ゆみこちゃんは 素直にクールな大人の男でかっこうよかった。
 
 なんだー ゆみこちゃん大人の役もできるぢゃん!かっこいいぢゃん! 新たな魅力を発見!みたいな感じで(笑)

 となみちゃんの玉勇は 艶やかしっとり大人のいい女。 あまりの大人のいい女っぷりに 私の方がびっくらこいた。(笑) そしてちょっと手に汗握った。(笑)

 何故なら「愛するには短すぎる」のバーバラも初めは大人の女性として登場したのよね。 それがお芝居が進むにつれて どんどんどんどん子供に返っていっちゃった(笑)経由をしっていただけに、今回は最後まで大人の女を貫き通せるのか!?・・・みたいな感じでドキドキしてた(笑)

 私の心配は危惧だったけど(笑) となみちゃんは最後までしっかり大人のいい女を貫いておりました。(笑)

 劇中で舞った舞は 本当に綺麗だったなぁ。 日舞なんて上手い下手なんて私には分からないけど、うっとりと見惚れてしまったよ。(メロメロ)

 ハマコちゃんの山崎さんは、ハマコちゃんだった。(笑)

 この頃、大劇場の舞台でのハマコちゃんは とっても静か(笑)←BANBOOちゃんから ベルナールは?の問いただしがあったが・・・私の記憶にはございません。だってあそこ寝る場面だったぢゃん!(笑)だったから、何だか久しぶりに あつ~~~~い(笑)ハマコちゃんに会えて嬉しかったなぁ(笑)

 いいなぁ~ 大暴れしているハマコちゃん(笑) 好きだな~ ハマコちゃん(笑)

ハマコちゃんが演じている山崎さんはね、新撰組の一員ではあるけれど諜報部員という事で、新選組の制服(笑)な袴に誠の文字の羽織は着ていなくて、普通の町人とかが着ていそうな(地味な)着物姿なんだけど、その着物の裾を持って ぴゅっと裾をまくる仕草(ちなみに太腿丸見え(笑))とかが似合ってるの。さまになってるの。

 いいなぁ~かっこいいなぁ~(めろめろ)

 かなめちゃんの桂小五郎さんは、・・・つい最近宙組さんでも、桂小五郎さんを見ていただけに・・・ まず、わっわかぁ~ という印象。←いや、ほくしょーさんが老けているという訳じゃないんだが・・・(苦笑)
 
 えっと、ほくしょーさんの桂小五郎さんは 無駄に熱かったのね・・・みたいな(笑)←好きです。そんなみっちゃんが(笑)
 
 なんかもぅ、かなめちゃんの桂さんは 儚げな感じ(笑) 

 スタイルがいいのも多大にあるんだろうけど、立ち姿が綺麗だよね。 好きなんだ、かなめちゃんの立ち姿。

 相変わらず 低温な持ち味ではあるけど、新人公演も卒業したからなのか、今までよりも存在感がでてきたと思います。

 娘役さん達は あんまり出番がないのが残念ではあるけれど、(「新選組」が題材だもの、基本的には男の友情とかがメインな話(にも感じないのはどうしてかな?)だから、どうしたって娘役さんは割りを喰う)舞台に彩りはきちんと添えていた。

 そして雪組さんの娘役さんたち、和物が上手という印象。

 えっと・・・そう感じちゃったのは、つい1週間前に宙組さんを観劇したからというのが大きいかも。

 宙組さんと雪組さんだと、特に雪組の娘役さんは、和物が板についているように感じた。

 どうしてそう感じたかは分からないけど、きっとお化粧とか所作とか そういう事なのかもしれない。

 和物の雪組って言われるのも頷る。
 
 やっぱり経験値って大事なんだなぁ・・・雪組さんって何気に和物多いもんね。 
 
 それに比べて宙組さんは「維新回天・竜馬伝!」が宙組始まって以来の和物だもんね。(「望郷は海を越えて」を和物とカウントしなければ)

 次回もし、宙組で和物を上演される時には、今回の公演の経験が生かされればいいなぁ~と思います。

 そんな雪組さんの娘役さん達(含むとなみちゃん)で 唯一気になったのは、京都弁かしら?(笑)

 私もちゃんとした京都弁なんて分からないけど、なんとなくイントネーションが気になりました。(笑)

 やっぱり方言は美しい言葉なだけに、イントネーションが難し
のかもね。

 最後に私の疑問。

 観劇をする前は、「星影の人」という題名は、総司さんの事だと思っていたのですが、実は「星影の人」って玉勇ちゃんの事だったのかしら?

 私の観劇後の印象では、玉勇ちゃんの事・・・のように思える。

 総司さんからしたら、「星影の人」は間違いなく玉勇ちゃんの事なんだろうけど、土方さんとか新選組の仲間からすると、総司ちゃんが「星影の人」だよね?????

 うーーー・・・ん・・・柴田先生は総司さんと玉勇ちゃんのどちらを「星影の人」として この作品を書いたのかしらね?

 

 柴田先生に是非にも聞いてみたいかも(笑)
PR
COMMENT
name:
title:
color:
mail:
url:
comment:
pass:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
なに言ってるのかよくわからなかった・・・。ながいしー。へんだ。
すー 2007/02/21(Wed)14:34:08 edit
きょうシャープの
きょうシャープの、イメージしたかった。
そして京都まで観劇しなかったー。
BlogPetのtaiger URL 2007/02/25(Sun)14:37:08 edit
きのう、観劇され
きのう、観劇されたみたい…
BlogPetのtaiger URL 2007/03/04(Sun)14:23:32 edit
TRACKBACK
URL:

 
 ここで観たものは全て夢、幻という事でお願いします(笑)
カレンダー
10 2017/11 12
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
お世話になっております♪
 タカラヅカこよなく愛されてらっしゃる方々のブログです♪&友人のお店のHPです♪
フリーエリア
プロフィール
HN:
てぃが
HP:
性別:
女性
趣味:
観劇か?なぁ~(笑)
自己紹介:


QRコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析

nyaoチャ箱♪
* ILLUSTRATION BY nyao *
忍者ブログ [PR]